忍者ブログ

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
came吉
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

古いカメラは専門店へ売却

古いカメラは専門に取扱してるカメラ買取店に売るのがいいです。
やたらなところへ売ってしまうと、激安価格で買い取りされることになりかねません。

いわゆるアンティークカメラという部類に該当するものは、結構価値のあるものもあるはずです。
こういったものはアンティークを専門に扱ってるカメラ店がいいんじゃないかな。
大手のリサイクルショップなんかに持ち込むのは絶対避けるべきです。
はっきり言って、タダ同然の金額にしかなりません。
もしくは断られるかもしれないですね。


時計とかもそうですね。
アンティークものは価値のわかる人でないとNGです。
カメラも一緒です。
PR

パノラマ撮影

iphone5にはパノラマ撮影機能というのがあります。これなら広い範囲を撮影できるから景色などとるときに便利です。カメラ好きな人にも物足りないですが、ちょっとしたもの撮るだけならiphoneで十分かもしれないですね。とくにブログなどに写真アップするならiphnoeで撮影したものをアップするだけで随分とブログが見やすくなるし、文字だけよりも写真あったほうが伝わりやすくなりますね。

理想はきちんとしたカメラで撮影することなんだろうけど、逆に食事なんかを紹介するブログならiphoneでいいのかもしれないね。なんかふと思い出しましたが、20年くらい前はよく使い捨てカメラを持ち歩いてる人いましたね。いまだと考えられないですがまだ携帯にカメラなんか付いてなかった時代です。カメラといえばデジタルではなくフイルムが主流だったはず。そんな時代も良かったですけどね。

古いカメラを売却するときに

古いカメラを売却するなら絶対カメラの買取専門店に売ったほうがいいです。
カメラの古いものは相場をきちんと理解したところに売らないと、めちゃくちゃな金額で買取されてしまいます。きっと買取不可とか二束三文の金額で買取となってしまうでしょう。
だから、古いカメラは専門店に売却するのがいいです。

場合によってはアンティークカメラ専門店などに売るのがいいかもしれないですね。
古いカメラの相場も下落傾向となってます。かなり人気のあるマニア向けなカメラ意外は下落してるはずです。それであればアンティークカメラを多く取り扱うカメラ店に売るほうがいいのかもしれないです。

ジャンク品と呼ばれるカメラを買取して

ジャンク品と呼ばれるカメラがあります。つまり、壊れてるカメラです。
カメラは精密機械なので、壊れることがあります。ちょっとしたことで修理がカンタンにできる場合もありますが、メーカーでないと修理できないケースもあります。

一概に壊れてても買取できるとは言えませんが、基本的に壊れてるモノでも買取OKです。
壊れてるカメラは買取金額が低くなることは仕方ありません。そのあたりは売却する人も承知だと思います。こういったジャンク品のカメラは修理することで、次のユーザーへ渡ることになります。

査定と本査定の違い!

カメラの買取店で査定をしてもらっても、現物での査定でなければ実際の買取金額は上下する可能性があります。正直、今までの経験からすると業者によってはか~なりの上下幅があるのは事実です!

はっきり言って、かなりいい加減な業者が存在するのも事実です。
最初の査定では買取上限額を知らせてくるのが基本です。つまり、かなり美品だった場合の買取金額です。実際には使用頻度によってキズだったり汚れがあるのが通常です。

そういったキズ・汚れを理由にどんどん買取金額が減額されていくのです。この減額が業者によって差があるのです。一般的な使用頻度であれば減額しない業者もあれば、なんだかんだと減額する業者もあるのです。ネット専門で経費をかけずに買取のみやってるからこそできる買取金額を提示しているのがカメラ買取市場です。
減額しないということはありません。モノによっては減額もあり得ます。しかし、むやみやたらと理由つけて減額するようなことはしてません。